ご挨拶

ご挨拶

筑波大学腎臓内科へようこそ

筑波大学腎臓内科は腎臓という専門とらわれることなく、まずは臨床医、内科医としての総合的な知識と技量を育み、患者様中心の医療を担うプロフェッショナルな医師の育成を目標にしてきました。また腎臓内科研修としては、腎臓内科疾患全般、すなわち、腎臓病の早期発見としての検尿異常者の対処方法から、腎炎、ネフローゼ症候群の診断と治療、保存期慢性腎不全から透析導入、長期透析患者の合併症対策まで、腎臓内科疾患の予防、診断、治療のすべての診療を担える腎臓内科医をめざしております。後期研修終了時には、腎臓内科専門医、透析専門医の資格取得のみならず、内科専門医を取得する者を多数輩出してきた実績がこれらの事実を物語っております。さらにこのような臨床医としての知識・経験を基盤に、最善、最良の腎疾患診療を目指すことにより、腎臓内科学における未だ解決していない様々な課題や問題点を見出し、それらの自らの課題として、積極的に臨床研究ならびに基礎研究を志してほしく思います。

研究においては可能な限り個々の自主性を重視して、自ら学び、考えることの重要性と同時に、世界的視野にたち、基礎医学系・社会医学系の研究室を含めた内外の研究室との交流を深め、新たな研究手法の獲得や最良の成果を上げ、その成果を発表し、腎臓内科学の発展、進歩を担う研究を行える人材を育成するべく、大学院進学あるいは海外留学などの研究指向への可能な限りのバックアップや、臨床医として医療チームのリーダーとしての道も常に開かれており、非常にやりがいのある道が準備されております。

山縣 邦弘是非、多くの腎臓内科医をめざす皆様に筑波大学での後期研修を受けて頂きたく、お待ちしております。興味と意欲のある方大歓迎です。皆様のチャレンジをお待ちしております。

筑波大学医学医療系臨床医学域腎臓内科学
筑波大学附属病院腎泌尿器内科診療グループ長
筑波大学附属病院血液浄化療法部部長
山縣 邦弘

写真

筑波大学腎臓内科の歴史

筑波大学腎臓内科は筑波大学が昭和48年10月につくばの地に開学して1年6ヶ月後の昭和50年4月、筑波大学に赴任され東條静夫教授が創設されました。東條静夫教授は、千葉大学時代の研究を発展させ、研究の主目標を腎炎の治療におき、あわせて泌尿器科や他の研究グループと密接、緊密な連携のもとに臨床、研究をすすめられ、筑波大学の腎臓内科の礎を築かれました。昭和63年4月より2代目教授として成田光陽教授が就任されました。成田光陽教授は、糸球体腎炎をはじめ腎疾患全般に対する深い造詣のもと筑波大学腎臓内科の腎疾患治療法の研究を指導されました。平成4年4月からは第3代教授として小山哲夫教授が就任されました。小山哲夫教授は、筑波大学腎臓内科の研究目標を基礎と臨床の両面に定められ、糸球体腎炎の発症機序についての基礎的研究と同時に我が国の急速進行性糸球体腎炎の診療指針の作成にあたられるなど、筑波大学腎臓内科の更なる発展を実現されました。そして平成18年7月より第4代教授として山縣邦弘教授が就任されました。

初代教授 東條静夫先生

第二代教授 成田光陽先生

第三代 小山哲夫先生

このサイトに対するご意見・お問い合わせは問い合わせフォームからお願いします。問い合わせフォーム

Copyright(c) 2009 UNIVERSITY OF TSUKUBA, DEPARTMENT OF NEPHROLOGY , All Rights Reserved.

筑波大学腎臓内科|前期研修医/後期研修医・専門医募集|茨城県つくば市