研修制度

研修制度について

後期研修制度

筑波大学附属病院では、レジデント制度を採用しており、後期研修期間はシニア課程2年、チーフ課程2年の合計4年です。研修医は、筑波大学附属病院の内科系レジデントとして採用され、シニア課程1年次(卒後3年目)より腎臓内科に所属し、研修を行います。ただし、その時点で他の内科の研修が不十分な場合は、シニア課程1年目(卒後3年目)時に他の内科研修を行うことも可能です。後期研修の4年間は、主として大学病院での研修となりますが、基幹病院での研修も一部組み込まれ、総合力の備わった高い臨床能力の習得が可能な研修となっております。

アカデミックレジデント制度

筑波大学腎臓内科では、一般の4年制大学院進学コースがあるほか、レジデント終了と同時に博士号の取得が可能なアカデミックレジデント制度があります。後期研修期間内に昼夜開講制大学院に平行して進み、リサーチイヤーを設けて、学位の取得を目指します。臨床研修を行っている期間は、必ず給与が支払われますので、処遇の面でも安心して、研修、研究をすることができます。

このサイトに対するご意見・お問い合わせは問い合わせフォームからお願いします。問い合わせフォーム

Copyright(c) 2009 UNIVERSITY OF TSUKUBA, DEPARTMENT OF NEPHROLOGY , All Rights Reserved.

筑波大学腎臓内科|前期研修医/後期研修医・専門医募集|茨城県つくば市